クエン酸サプリに配合されているオルニチンで疲労回復


疲労回復に効果があるとしてよく用いられているクエン酸サプリの中には、オルニチンと呼ばれる成分が配合されているものが多いと言われています。注目を集めているオルニチンはアミノ酸の一種ですが、普通のアミノ酸と異なる点は、たんぱく質を構成するのではなく、肝臓において単独で働くことができるという点でしょう。
基本的に言って、私たちの肝臓は非常に重要な役割を果たしています。グリコーゲンを合成したりアンモニアを解毒したりといった働きです。仮に、この肝臓の働きが悪くなってしまうとすれば、代謝や解毒がスムーズに行なわれなくなり、疲労という形であらわれることになります。
加えて、アンモニアにはクエン酸サイクルの働きを弱める作用があるため、やはりオルニチンが不足するとエネルギーの不足が起こり、疲労を感じてしまうというわけです。
一般的に言って、肝臓の働きが悪くなってしまう原因の一つに、アルコールの過剰摂取を挙げることができます。アルコールの摂取によってできたアセトアルデヒトと呼ばれる毒素が大事な細胞を傷つけてしまい、結果として疲労が蓄積されてしまうというわけです。
そこで、アンモニアの解毒を促し、疲労を回復させるためには、オルニチンが重要な働きをすると言えます。特に、クエン酸との相乗効果によって、疲労回復の高い効果を期待できると言われています。それで、お酒を飲む機会が多い人、疲れがなかなか取れないという人は、オルニチンが配合されているオルニチンサプリメントを積極的に活用できるでしょう。